クロロフォルムで眠らせろ『幻想的拉致拘束SM』ITポルノ企業女CEOが犯された日。

KINK.COMチャンネルHOTIED
Kink.comネットワークの人気緊縛チャンネル「Hogtied」世界トップクラスの緊縛プレイ動画を味わえる。

“The Limo”: A Hogtied Feature Movie.

クロロフォルム、薬物を混入して女を昏睡状態にする。それは古典的な強姦方法かもしれないが、今見てみてみるとやっぱり眠らされた無抵抗な女はいいものです。

“The Limo”: A Hogtied Feature Movie.

配信サイト:KINK.COMネットワーク
再生時間:40分21秒

プリンセス・ドナが薬物昏睡レ〇プの被害者を演じる。

 この作品は最高にHogtiedの魅力を感じることが出来る動画です。いつもは女王様役でお馴染みのPrincesDonnaお姉さんが今回ばかりは、ズタズタに犯られまくる悲劇な女を演じています。白い高級リムジンに乗り込んだPrincesDonna は車が予期せぬ方角へ向かっていることに気づきます、ドライバーに問いかけてもその反応はなし、 やがて車のドアはロックされPrincesDonna は完全に車中に閉じ込められることに・・・そしてリムジンはある場所に到着します、自らの身の危険を察し、錯乱したPrincesDonna はドアを何度も叩き、叫び声を上げ….

このとき、運転席の小さな隙間から水が入った小さなペットボトルが投げ込まれます・・・  そう、・・このペットボトルの水には薬物が混入されているのです

 

更に車内ではヒーターの温度が急激に上げられ咽かえるような暑さに….

ドアも窓も完全にロックされた密閉状態の空間のなかでPrincesDonna は必死にこの暑さに耐えるしかなかったのです
滴り落ちてくる汗、朦朧としてくる意識のなかで急激に襲ってくる喉の渇きを癒すために、PrincesDonna はこのペットボトルを口にしてしまいます。

暑さで意識が遠のき、水に混入された薬物の効果で 次第に眠りに陥るPrincesDonna

このときkink.comで数々の作品に女王様役で出演し、高慢な女を演じてきたPrincesDonnaは一転して二人の男の欲望の餌食になる準備が完全に整ってしまったのです。

さぁ、 貴方もこのPrincesDonna が、その色っぽい肉体が二人の男の欲望に貪りつくされる光景を私といっしょにじっくりと見てください・・・・……

完全に意識が無くなったのを感じとった二人の男は車のドアを開けなかに乗り込み、PrincesDonnaの衣服を剥ぎ取り、その体を撫で回します…乳房を局部を・・・尻を… しかし本当のお楽しみを実行するのはリムジンとはいえ車のなかでは狭すぎます。プリンセス・ドナの体を抱え上げた男はある一室へと向かいます..

マットにうつ伏せで拘束されたPrincesDonnaは頭からストッキングを被せられています。男は静かにアナルにペニスを挿入し、激しく腰を振りまくり、髪を引っ張り、尻を素手で叩き….

マットに縛り付けられたプリンセス・ドナは、為す素手がありません、執拗なアナル攻撃に悲痛な叫びを上げるPrincesDonna..

口に強制イラマチオ、もうひとりの男は鞭で尻を叩き、電摩で責め、強烈なビンタ攻撃….

ここまでで20分23秒

シーン切り替わり、今度は椅子に拘束され、乳首にクリップが挟まれまたもやイラマチオの連続です
もはやPrincesDonnaのメイクはほぼ完全に剥がれ落ち、涙目に… 

しかし、この作品の見所はここからです、今度はマットに仰向けにされ、両手が後ろで縛られ、開脚しながら両足首を交差した状態で拘束され、その両足首と首がロープで繋がれたPrincesDonnaの姿は股間を全開にし、膣が丸見えの状態です。

この体制は正面から膣やアナルに挿入するのに絶好な状態です、どんなに体をくねらせようと、どんなに動かそうとしても、その開放的になった陰部は全開のままです

少し想像してみてください。 ロープで雁字搦めになった女を、その無防備は局部を、正面から生で膣やアナルに挿入することを…

この作品ではこのシーンの結合部ははっきりと見えます、じっくりと楽しめます、当然、膣に挿入するシーンも・・アナルに挿入するシーンも….

あらゆる罵声と攻撃的な言葉を浴びせかけ可愛い娘を甚振り続けたPrinces Donna, しかしこのKink.comの無敵な女王様は
SLAVE奴隷役を演じてもその演技力は天下一品であったのです。

PrincesDonnaがリムジンで錯乱し、眠りに落ち、二人の男にその無防備な肉体が征服されてしまうまでの一連の流れは見事なまでに優れたエンターテイメント性で構成されています。

たかがSMポルノ… と思うのはとんでもない間違いなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です